読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

2017年3月26日まで特別公開中 京都・大徳寺聚光院

5月22日まで開催されていた

禅寺一斉拝観も終わり…

本当はその期間中に書く予定の

記事でしたが間に合わなかった><

でも特別公開は来年3月まで

開催されています。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20160524140728j:plain

京都市北区紫野大徳寺町にあります

大徳寺山内の塔頭、聚光院(じゅこういん)。

永禄9年(1566)三好義継が

養父の三好長慶の菩提を弔うために創建。

個人的に最近気になっている

三好家のゆかりの地ということもあり

行ってみることにしたのです。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20160524141322j:plain

内部はすべて撮影禁止なので

写真は外から見える門しかありません。

でもこれ聚光院の門だったかな?

大徳寺の門だったかも…

記憶が…あやふやですいません><

創建当時のままの本堂には

狩野松栄、永徳親子による

国宝の障壁画が納められています。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20160524141843j:plain

平成25年(2013)に落慶した書院には

日本画家の千住博さんによる

襖絵を見ることができます。

看板の写真でもわかるとおり

いわゆる襖絵のイメージとは全く違う

斬新な仕上がりに!

古いものより新しいもののほうが

印象として残ったという

寺社めぐりとしては珍しい結果になりました。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20160524142623j:plain

あまりにも衝撃的で

御朱印のことを忘れていました。

最後に受付にて御朱印を拝受。

ご本尊を拝んだ記憶はありません。

拝観は予約優先となっていますが

空きがあれば可能です。

ワタクシは電話で確認してから行きました。

拝観料2000円で滞在は15分程度…

グループで説明を聞きながらまわるので

説明が終わると襖を閉められてしまいます。

自分のペースでは見られないのですが

ここにしかない襖絵、見る価値はあるかと。

お寺というより美術館…なのかも!?

 

大徳寺で現在拝観できるのは

6月5日まで特別公開中の興臨院

5月28日〜6月5日まで公開される桂春院

通常公開されている高桐院や

大仙院、龍源院と合わせて行くのもいいですね!

 

 

 

 

御朱印まとめ

f:id:yumimi-kyoto:20160524143801j:plain

★「本佛釈迦如来」(書き置き)500円

 

 

 

 

以上、聚光院でした。