晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

御詠歌の御朱印もらいに・久しぶりの六角堂






マチナカ御朱印シリーズで

一番最初に行った六角堂。

行きやすい場所にあるので

何度でも行っちゃいます(;´ω`)









ご由緒は前回の記事をご参考に。

今日もたくさん鳩がいて

通り抜ける時に緊張します(;^_^A









本堂です。

そういえば前回来たのは

二度目の健診日でした。

あの頃は必死の形相で

元気に育ちますようにって

お願いしてたな〜。

あんなにも必死にお願い事したことは

今までなかったから鮮明に思い出します。

今やこんなにも大きくなってくれて…

元気に育ってくれたことに感謝して

次は安産も祈願(^_^)v







穏やかな表情の十六羅漢さま。

今日も穏やかです。









このお地蔵さん、いいお顔〜o(^▽^)o









手水鉢にも六角堂。









御朱印いただきました!










霊場巡りの札所になっているところには

御詠歌という歌を書いた御朱印があります。
(主に西国、洛陽三十三観音など。)

ですが「ご詠歌あります」とは書いてません。

どこのお寺でもそうでした。

以前来た時はそんなこと知らなかったのですが

御朱印集めをしてきてそういうことを知り

歌の御朱印なんて雅だなと思って

霊場巡りしてないですがもらってみました♪

御詠歌バージョンが欲しい時は

「御詠歌ください」と言うといただけます。




わが思ふ 心のうちは 六つのかど 多田まろかれと 祈るなりけり




お寺の特徴の入ったストレートな内容。

貴人が詠む雅やかな内容ではないそうですが

それでもこんな歌の御朱印が

帳面のところどころに入っていたら

目に留まるのはワタクシだけではないはず。




ちなみに、六角堂は西国のほか

洛陽三十三観音の一番札所にもなっているので

洛陽のが欲しい時はその旨伝えた方がいいですね。

何も言わないと西国のものになるみたい。

と言っても内容は同じで

右上の印が違うだけですけどね。

霊場巡りされている方には

間違えられては困るところですが

単なる御朱印集めだったら

どっちでもいいのかな。