晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

五山の送り火 今年は「左大文字」



六道珍皇寺で迎えた先祖の御霊


「お精霊さん(おしょらいさん)」を


あの世へ送る儀式として五つの山に点火。


お精霊さんが迷わずに戻って行けるように


照らしてあげるのが本来の意味だそうです。




「大」の字は有名だけど他にも文字があるのは知らなかった!


全部見えたら上の写真のようになるらしいけど


それぞれ離れているので京都タワーあたりまで


行かないと見えないし、見えても小さいそうです。




なので、毎年ちがう文字を鑑賞することにしました。


今年は「左大文字」に決定!




西大路通を西院付近まで歩くと見えると聞いたので


まずは八条通りあたりから北上してみます。




七条あたりで外で待っているおばあちゃんが居ました。


でも、まだ点火前なので、てくてく歩く。




五条あたりから人が多くなってきました。


道の真ん中で陣取る人までいたり!




西院駅手前あたりで点火。


歩道では見えないので、信号を渡りつつ見えたー!


でもまだちっさーい。。。




西院付近はさすがに人がたくさん!


三条で嵐電の線路を渡る辺りで急に大きくなったような気が。


一番火の勢いがあった時間帯だったからかなあ。




御池付近で少し見づらくなり、


道のど真ん中から見えてた大の字が


右側に見えるように。


この辺りは右側の歩道からチラチラと見えます。




天神川を渡って円町手前から上り坂に。


円町交差点まで来ると大の字に


明るさがなくなって来たような。


時間は21:00少し前くらいだったかな?


そろそろ火が消えてしまうようなので、ここで終了。




1時間半、約5キロも歩きました、、o(;△;)o


検証(?)の結果、西大路通を車で北上するのがよさそう!


渋滞していますが、ゆっくり近づいてくる大の字を楽しめそう。


沿道に人がいるので事故にならないように気をつけてね。。




ちなみに警察の方に「何時までですか?」と


野暮なことを聞いている人がいましたが


「火が消えるまで」とのこと。


「なんてナチュラルなんだ!」と思ってしまった私は


現代的すぎるのでしょうか??




ぽちっと押したら点いて、ぽちっで消灯みたいな


味わいのない、明るい現代の中で


少しずつ消えて行く火を眺める夏の行事。


きっとお精霊さんも、迷わずに戻れたことでしょう!




ところで、写真は全く上手く撮れなかったので拝借。。




来年はどの字を見に行こうかな〜(^ε^)☆