晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

勝林寺の秋限定墨書き御朱印と色紙御朱印




11月に入ってから

なーんかお天気がイマイチで

出掛ける気が起きなかったのですが

一応行っておこうと思って

今年も東福寺へ来ましたが…






満員電車のような人を

かきわけかきわけ来ましたが…

ありゃあ、残念な状態で…(>_<)

今年は夏が短かったので

10月まではいい感じに進んでたけど

11月に入って暖かい日が続き

日照不足もあって色付きは悪く

手前の木は枯れて落葉してるし…









これは去年の11月17日撮影。

赤と緑、まっぷたつですが

こっちのが良かったなー。。。

連休初日だったので

苦労して行ったのに残念すぎる(T_T)










気を取り直して。

東福寺の塔頭、勝林寺へ。

参道からちょっと離れるだけで

ぐんと人が減ります。










過去の御朱印はコチラ。











4回目の参拝(^^ゞ

本堂前の日当りのいい紅葉は

赤く色付いていました。










本堂横にある吉祥紅葉はまだ緑。

日照不足なんですね…(><;)










堂内は撮影禁止ですが庭はOK。

ここも去年よりも後に来ているのに

色付いてない…。(´д`lll) 

去年はなかった行灯が

いい雰囲気を出していました。

日没後からはライトアップされます。

外はザワザワ…していましたが

中は割と静か。

やっぱり落ち着けるわー

と思ってたら人がたくさん

来られたようなので退散。










この時期はしょうがないのだけど

それでも東福寺の通天橋に比べたら

静かに過ごせる場所ですね。









秋限定の墨書き御朱印

いただきました!










通常の「毘沙門天」に加えて

ご住職がいらっしゃる時は

「虎嘯」(こしょう)がいただけます。

虎嘯とは虎が吠えるということ。

“竜が声をあげれば雲がわき起こり

虎が唸れば風が生ずる”という

四字熟語「竜吟虎嘯」より。

虎は毘沙門天の使いで

勝林寺の襖絵にも描かれています。










秋限定の色紙御朱印

いただきました!












色紙御朱印もいろんなところで

授与されすぎて

珍しくなくなりましたが

紫に金が散りばめられた紙は

コレは欲しい!と思って。

結局、3枚ともいただきましたが(;^_^A

紅葉の印もいい感じ。

今まで京都で紅葉の印があるのは

常寂光寺の残念な御朱印(詳しくはコチラ

だけだったんですが

今年から勝林寺のほか毘沙門堂

素敵な紅葉の印が加わりましたね♪

というか、今までなんで

しなかったんだろう?と思うけど。






「虎嘯」と色紙御朱印は特別拝観中の

11月30日までいただけます♪

週末あたりには吉祥紅葉も

見頃になるかもしれませんね('-^*)/