晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

新緑の若々しい庭園 妙心寺大法院







椿寺地蔵院のあとは

春の拝観が始まっていた

妙心寺大法院へ向かいました。

こちらは秋と春の限定拝観ですが

春と秋で違う言葉の

御朱印がいただけるのです♪









秋の時の記事はコチラ

秋は11月、春は4月頃が

公開される時期です。

年によって前後するみたいですが。










前回、撮影禁止かと思ってましたが

それは内部のことだったようです(;^_^A

熱心に撮影されている方もいました。

紅葉の時期に比べたら

色合いは少ないのですが

緑一色の庭もまた

趣きが違っていいですね。









拝観料にはお抹茶と

お菓子が付いています。

のんびり且坐喫茶…ヾ( ´ー`)









佐久間象山のお墓へ行く途中

牡丹がきれいに咲いていました。

数は多くないけれど

はっとする美しさ…。









この前日に牡丹で有名な

某寺へ行ってきたのですが

そこよりもこの牡丹のが

ナゼかきれいに感じました。

そのお寺のほうが数は

圧倒的に多かったけれど

なんかジミだった気がするんですよね。

このハッとする感じが

なかった、というか…。









御朱印いただきました!









『京都の隠れた御朱印ブック』

P36に秋の御朱印を掲載しています。

「青山翠(せいざんすい)」

と書かれています。

“緑竹含煙 青山鎖翠”
(りょくちくえんをふくみ せいざんすいをとざす)

新緑の自然の美しい

光景を詠んだ漢詩からの言葉。

季節感のある御朱印っていいですね。