晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

三十三間堂〜智積院へ★

三連休中日は三十三間堂がある七条をブラブラしに行きました♪



まずはやっぱり、三十三間堂へ。

正式名は「蓮華王院」。

1164年に平清盛が造進。

80年後に焼失したが、1266年に再建。

700年余り保存されているという。

昨日見た八坂の塔よりは100年ほど新しいみたいだけど。

ここまで古いと、よくわからないくらいの年月…(゜д゜;)

$京のええもん♪ by yumimi*





長いお堂は120メートルもあり、きちんと耐震設計されています。

建築様式が堂内に書いてありました(*^ー^)ノ

この時代から耐震設計されてるなんて、スゴすぎるヽ*1

正面の柱間が33あることから「三十三間堂」という通称がついたそうで。

写真は弓道の始まりとなった「通し矢」を行なったという場所。
(転がってるので首を左に曲げて見てください・笑)

120メートル先じゃあ、的に当てるのは難しいだろうなあ( ̄□ ̄;)!!


$京のええもん♪ by yumimi*




お堂の中は撮影禁止でしたが、1001体の観音様がいらっしゃいます。

そのうち124体は創建時の平安時代、残りの800余りは鎌倉時代に復興。



ずらりと並んだ様子は、何度見ても圧巻!!

日本唯一ということですが、外国にはあるのかしら?

こんな場所は、他に見たことがないです。


両端には、風神雷神像。

前列と中尊の四方にある28体は、

千手観音と信者を守るという神々。

インド起源のものが多い。

英語の説明はしっかり書いてありましたが、

日本語の説明はひとことくらいしか書いてないのはナゼΣ(゚д゚;)?


柔和な方や勇壮な方、

スリムな方やぽっちゃり系と、ほんとに個性的!

長い着物に先端が細い靴を履いたオシャレ系の方、

素足で筋肉や筋までしっかり描かれたワイルド系

とかとか、おもわず戻って見直すくらい面白かったo(^▽^)o!

もっとお顔をじっくり拝見したいのだけど、

やはり前列の方しか見えなーい(´・ω・`)

たまには、立ち位置変えたりしてくれないかなー(^▽^;)





次に向かったのは、すぐ近くの智積院へ。

こちらは初訪問ですヾ(@°▽°@)ノ

$京のええもん♪ by yumimi*



現在は真言宗智山派の総本山のお寺。

真言宗弘法大師空海によって開かれましたが、平安時代に衰退。

その後、興教大師覚鑁(かくばん)が高野山で再興しました。

晩年、覚鑁上人が移り住んだ和歌山の根来寺(ねごろじ)は勢力が拡大。

戦国時代には学問所として栄えたそうです。


しかし1535年、勢力拡大を恐れた豊臣秀吉によって焼き払われ、

最高指導者は、高野山や京都へ難を逃れていました。


時を経て1615年、豊臣の足跡を消そうとしていた徳川家康は、

秀吉が亡くなった長男・鶴松の菩提を弔うために建てた祥雲禅寺を

智積院の最高指導者に寄進したことで、このお寺が「智積院」となったのでした。


秀吉によって焼かれたお寺(宗派)が、

秀吉が愛息子のために建てたお寺に再建される…

なんだか皮肉な結果のような気もします…(´_`。)

タヌキオヤジ、してやったり!!なのでしょうかあ…*2



世の中の無常とか、力を持ったら何してもいいんかい!!

とかとか、いろいろ考えつつ、庭園に座ってみました。


こちらの庭は祥雲禅寺時代につくられたものと、

江戸時代に修築された部分があるそうです。

座って見るように設計されたとあって、

池に足を投げ出すように腰掛けて、考え事をするのもいいかもしれませんね。

連休中は人が多いのでおすすめしませんが、

平日に行ったら静かで、また趣が違うのかも。

宝物館にある長谷川等伯の障壁画も見事でしたo(^-^)o



$京のええもん♪ by yumimi*






休憩は近くにある「イル・パッパラルド」にて。

休日なので40分ほど待たされ、しかもピッツアは1組1枚まで。

それでも食べて良かったと思う程、もっちもちの生地!!

食べごたえあるけどぺろっと食べられちゃいました(≡^∇^≡)


$京のええもん♪ by yumimi*



ピッツア1枚しか頼めないので、パスタを。

手打ちのタリアテッレ、美味しかったけど、

昨日食べたパスタのほうが強烈な印象だったな〜

この店はやっぱりピッツアを食うべし、ですな:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


$京のええもん♪ by yumimi*



では、また(^O^)/

*1:◎д◎ 

*2:>д<