読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

文子さん御姿入り御朱印も 京都・文子天満宮

京都の御朱印

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20170314161435j:plain

京都市下京区間之町通花屋町下ル天神町

鎮座する文子天満宮

JR京都駅から徒歩8分の位置にあります。

3年前に京洛八社集印めぐりで訪れましたが

人気がなくて御朱印はいただいていませんでした。

以前の参拝記録はこちら

yumimi-kyoto.hatenablog.com

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20170314161133j:plain

天神信仰発祥の神社という石碑がありますが

ご祭神の菅原道真公を天神として

最初に祀った神社なのだそうです。

文子(あやこ)というのは道真の乳母のことで

相殿に文子比売として祀られています。

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20170314161902j:plain

多治比文子は自宅の庭に小祠をもうけて

道真公を拝んでいました。

天神となった道真から北野の地に祀って欲しい

という宣託があり、北野天満宮ができました。

北野天満宮ができるきっかけとなった

ということで天神信仰発祥地となっています。

この場所は文子さんの自宅があった場所

なんでしょうかね〜?

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20170314164125j:plain

こちらが文子さん。

乳母にしては若い…??

若い頃を再現したのかしら。。。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20170314164354j:plain

本殿に参拝したあと右横の細道を進むと

腰掛石があるのに気づきました。

狭いですがぐるりと本殿を一周できました。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20170314164518j:plain

右回りになってしまいましたが

本殿を一周すると授与所前に到達しました。

今回も授与所には人がおらず…。

しばらく文子宣託図を見て過ごしていると。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20170314164646j:plain

どこからか神社の方がいらっしゃったので

すかさず御朱印をお願いしました。

ここはなかなか神社の方と出逢えない

という噂(?)前回もそうだったし…

でも今回はご縁があったみたいです!

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20170314164812j:plain

そして墨書き以外にも御朱印があるということで

文子さんの御姿入りの別紙もいただきました。

いつから授与されているのか?

わかりませんでしたが新しい御朱印まで

拝受できてラッキーでした♪

 

 

 

 

御朱印まとめ

拝受場所/授与所

f:id:yumimi-kyoto:20170314164942j:plain

★「文子天満宮

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20170314165007j:plain

★多治比文子御姿入り(別紙)

 

 

 

以上、文子天満宮でした。