読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

お寺というより庭園? 旅館?? 奈良・竹林院

 

f:id:yumimi-kyoto:20161215161150j:plain

櫻本坊から歩いて数分

竹林院に到着しました。

現在では修験道系の単立寺院で

大峯山寺の護持院(交替で管理するお寺)のひとつです。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161215161554j:plain

調べると竹林院より竹林院群芳園のほうが

たくさん出てきますがこの名前は宿坊のこと。

そういえば外観は旅館みたいです。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161215161852j:plain

まずは庭園に入ってみます。

秀吉の花見の時に千利休が築造したもので

細川幽斎が改修したと言われています。

大和三庭園のひとつといわれる名園だそう。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161215162557j:plain

目の前のお堂は…何を祀っているかわからず。

お寺としての歴史は

聖徳太子吉野山に来た時に開創して椿山寺とし

弘仁年間(810〜824)に空海が滞在して常泉寺とし

元中2年(1385)後小松天皇の勅命により

竹林院と改められました。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161215163748j:plain

手水舎…???

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161215164832j:plain

奥庭には池もある回遊式庭園ですが

この季節はちょっと寂しい…

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161215164933j:plain

上まで登れたので行ってみました。

休憩するスペースもありましたよ。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161215165149j:plain

上から見た宿坊?と思われる建物。

独特の造りですね。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161215165304j:plain

宿坊の入口ですが左にあるのがお堂?

宿泊所って書いてあるので

泊まらない人は入れないようですね。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161215165549j:plain

通常は庭園の受付で書いてくれるそうですが

この時は誰もいなかったので

宿坊で聞いたら書いていただけました。

「椿山 慈救殿」と書かれているので

庭園入口にあったお堂のことみたいです。

役行者霊蹟札所なので「神変大菩薩」の御朱印もあります。

 

 

 

 

御朱印まとめ

拝受場所/庭園受付(宿坊内)

f:id:yumimi-kyoto:20161215170337j:plain

★本尊「椿山 慈救殿」

 

 

 

以上、竹林院でした。