読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

だるま商店作画のゴージャスな御朱印帳 京都・壬生寺

 

新選組が剣術の練習に励んでいた場所

という新選組ゆかりの壬生寺

8月に授与開始されて話題の御朱印帳

やっとゲットすることができました♪

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161115132635j:plain

京都市中京区坊城仏光寺北入ルにあります。

阪急大宮駅、京福電鉄四条大宮駅より徒歩10分。

門前にコインパーキングがありますが台数少なめです。

過去の記事はこちら

地蔵尊節分祭で福をもらいに壬生寺へ - 晴れときどき御朱印 from yumimi*

「歯薬師」産休明け第一弾は壬生寺 - 晴れときどき御朱印 from yumimi*

「大悲殿」

Hanako取材で頂いた御朱印 その4/壬生寺 - 晴れときどき御朱印 from yumimi*

「大悲殿」(重ね印)

壬生寺にて満願書を受け取り&重ね印の御朱印 - 晴れときどき御朱印 from yumimi*

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161115135110j:plain

本堂へ上がってお参りはできませんが

今回は扉が開いていてガラスを通して覗き見できました。

でも遠くてよく見えませんでしたが…。

他の見所は右側にある阿弥陀堂近藤勇像などがある壬生塚。

左側には壬生寺唯一の塔頭、中院があります。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161115135800j:plain

本堂の右奥にある朱印所にて御朱印帳をゲット!

8月から仲間入りした新御朱印帳の装丁画は

寺社の襖絵などを描いてらっしゃる絵師・だるま商店のもの。

だるま商店の島さんとは雑誌Hanakoの御朱印対談で

ご一緒させていただきました。

島さんの御朱印帳も拝見させていただきましたが

御朱印の横に自作の絵を描いていらっしゃって

とても自由に御朱印を楽しんでらっしゃるな〜って思いました。

 

今回の御朱印帳の絵はお地蔵さまを女性に見立てて

中央には壬生寺の境内が描かれています。

表裏にはクッション材が入れてあり高級感があります。

中面は高級和紙の鳥の子なので、裏移りの心配もナシ!

鳥の子和紙はやっぱりいいですね〜

普通の奉書だと保存する時に挟み紙を入れておかないと

反対側に朱や墨が写ってしまうことも…。

でも鳥の子和紙なら乾いたら紙なしで大丈夫。

2000円の御朱印帳ってちょっと高いと思われるかもしれませんが

デザインも中身も文句なしの一冊です。

 

 

 

 

御朱印まとめ

拝受場所/朱印所

f:id:yumimi-kyoto:20161115141227j:plain

★御朱印帳(18×12cm)2000円(ビニールカバー付き)

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161115141213j:plain

★本尊「地蔵尊

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161115141323j:plain

★洛陽二十八番「大悲殿」

(洛陽巡礼専用の御朱印帳にいただきました)

 

 

 

 

以前いただいた御朱印

f:id:yumimi-kyoto:20161115141633j:plain

★本尊「地蔵尊

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161115141700j:plain

★京都十二薬師第四番「歯薬師」

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161115141736j:plain

★洛陽二十八番「大悲殿」(重ね印バージョン)

 

 

 

 

以上、壬生寺でした。