晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

24mの白い観音さまがお出迎え 京都・霊山観音

 

まだまだ蒸し暑い京都…><

雨も続き、御朱印めぐりには向かないので

過去に行った場所の整理をしています。

今回は行った方のブログを読んで

ここはお寺だったんだ!と知り行ってみた霊山観音。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161003144540j:plain

京都市東山区高台寺下河原町にあります。

高台寺の駐車場から大きな観音さまが見えますが

大き過ぎてキレイ過ぎて…なんだか新興宗教のようで。

何回も通過しても入ってみようとは思わなかったのですが

ブログで見てお寺だし御朱印あるし、行ってみよ!っと。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161003144850j:plain

昭和30年(1955)平和日本の建設と

第二次世界大戦戦没者の慰霊のために

帝産グループの創設者、石川博資によって建立。

宗教法人としては霊山観音教会だそうですが

観音さまだし、写経や座禅の体験もできる

ということでれっきとしたお寺なのですね。

宗派は調べても「?」座禅があるから禅宗…??

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161003145847j:plain

拝観料300円を払うと大きな線香を渡されます。

これを仏さまの前に捧げてきなさいということです。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161003150020j:plain

本堂内です。

この前に大きな香炉があり、線香を差してきました。

本尊は十一面八臂観世音菩薩ですが秘仏

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161003150804j:plain

観音さまの胎内には十二支守本尊が祀られているので

胎内めぐりもしてきました。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161003150927j:plain

80尺、24mもあるこの霊山観音は

コンクリート製なんですよ。

だから真っ白なんですね。

独特の雰囲気が漂います。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161003151104j:plain

本堂の左側には願い玉という大きな玉が。

絵馬に願いを書いてなでると願いが叶うとか…。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161003151233j:plain

本堂の北側にまわると大きな仏足石。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161003151321j:plain

良縁成就の仏さま、愛染明王も祀られていました。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161003151447j:plain

隣には、ふぐ塚なるものが。

全国ふぐ料理連盟が寄進したんでしょうか。

いろいろありますね〜。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20161003151756j:plain

御朱印は本堂内でいただきました。

「妙智力」客観的に物事を見て考察する智恵のこと。

いつでも客観的に見られるようにしたいものです。

 

 

 

 

御朱印まとめ

拝受場所/本堂内

f:id:yumimi-kyoto:20161003153100j:plain

★「妙智力」

 

 

 

以上、霊山観音でした。