晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

My巡礼☆ 第二番・安井金比羅宮【京都府京都市】

yumimi-kyoto.hatenablog.com

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20160428153811j:plain

第二番は京都市東山区下弁天町にある

安井金比羅宮。

こちらも崇徳天皇がご祭神

讃岐の金比羅宮から勧請した大物主神

源頼政もご祭神です。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20160428161936j:plain

この地には藤が美しい寺があり

崇徳天皇の寵愛する

阿波内侍が住んでいました。

流罪先で崩御されてからは

崇徳院の祟りを恐れた後白河法皇

光明院鑑勝寺というお寺を建立。

その後、応仁の乱で荒廃したのち

太秦安井にあった蓮華光院が移され

その鎮守社として崇徳院のほか

大物主神源頼政を勧請して

安井の金比羅さんと呼ばれるように。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20160428163237j:plain

縁切り縁結びの碑。

ここがなぜこのご利益になったのか…

崇徳院の祟りと縁を切るとか

そういうことから始まっているのか?

謎ですが、いつも人が絶えません。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20160428163430j:plain

いつの間にか長蛇の列が!

ここでは絵馬を読んではいけません。

いろいろスゴいことが書いてあります。

それに比べてワタクシ幸せ者かも…

そんな気分になるだけです。。

 

 

 

 

f:id:yumimi-kyoto:20160428163625j:plain

御朱印には金比羅さんの

宝船の印が押されます。

 

 

 

 

安井金比羅宮の御朱印まとめ

*御朱印はいただいた時のものです。

f:id:yumimi-kyoto:20160428165058j:plain

f:id:yumimi-kyoto:20160428165109j:plain

f:id:yumimi-kyoto:20160428165104j:plain

 

以上、安井金比羅宮でした。