読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

洛陽観音巡礼第二十一番 法性寺





もうすぐ洛陽巡礼の

満願なのですが

一番、敷居が高そうな(?)

二十一番の法性寺。

過去、2回ほど来てますが

ベル押しても反応なし…(>_<)

隣の東福寺がごった返す

11月でもダメだったので

今回もダメだろうなあって

諦め半分でベルを押す。

無反応なのでやっぱり…と

帰ろうとしたら出てきてくれました!

大きな門は閉まっていますが

右隣の小さな扉は開いていました。

通常、小さい方から出入りするらしい。

今まで来た時もこっちは

開いてたのかな??










延長3年(924)に藤原忠平が創建。

藤原氏の氏寺として栄え

広大な地域に大伽藍を

構えていました。

そのひとつ、五大堂にあった

不動明王像は現在、同聚院

拝観できます。

藤原氏の衰退や兵火で荒廃し

旧法性寺の栄華は見られず…

現在は国宝の十一面観音を祀る

お堂があるだけでした。










入って右奥に供養塔?

中で御朱印を書いてもらっているので

なんなのか聞く事はできず…

観音さんはどこ??

聞きたいけど聞けず…。(´д`lll) 

とりあえず待っていたら

次々とお客さん(?)が。

皆さん、小さい扉から入場。

リピーター(?)は知ってるんですね。










見上げると厄除観世音の額と

ご詠歌が書かれた額がありました。

調べてみたら観音さんは

事前予約で見る事ができるようです。










御朱印いただきました!










独特の崩し方、変わってる!

無理だと思っていたから

とにかく嬉しいо(ж>▽<)y ☆

満願まであと少しー!!