晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

家康公没後400年記念の御朱印 知恩院






桜が奇麗に咲いていた頃

今年限定の御朱印がある

知恩院に来ました。

こちらは北門。





これで知恩院の御朱印は

コンプリート!と思ったら。

今年は家康公没後400年。

所縁の各地でいろいろ催されています。

京都で家康公と所縁のある場所

といえば知恩院

3月から限定御朱印をいただく

ことができるようになりました。









こちらは阿弥陀堂

桜の時期に来たのは初めて。

桜と知恩院のイメージは

あまりなかったのですが

行く所々で桜を目にしました。

数は多くないけれど

いつもより華やかさが増しています。









阿弥陀堂横の多宝塔にも桜。

阿弥陀堂は明治の建物で

新しいのであまり興味が

湧かなかったのですが

桜の時期はこのあたりが

絶好の撮影スポットです!










御朱印いただきました!









『京都の隠れた御朱印ブック』

P24のフキダシで書いてます。

御朱印は間に合わなかった(><;)

右上に「徳川家康公 四百回忌」の印。

そして中央にはどどーんと葵紋!!

中央に書かれている言葉

欣求浄土(ごんくじょうど)」とは

心から欣(よろこ)んで浄土を乞い願う

という意味だそうです。

浄土信仰に篤かったという

家康公を偲んで…







ところで、この日は平日でしたが

桜の季節だからか

納経所の外にまで

行列ができていました( ̄□ ̄;)!!

そして隣では小学生くらいの

女の子が御朱印を

いただきに来ていました。

御朱印は小学生にまで浸透した!?

ただのスタンプを集めるよりも

教育になるしいいことだな〜o(^-^)o