晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

心静かに庭を眺めたい時に 光明院






東福寺を通り抜け

六波羅門から出て

光明院にきました。

2年前の春に来て

とても良かったので

秋も来てみたかった!

春の時の記事はコチラ









あんまり情報がないんですが

明徳2年(1391)に建立された

東福寺の25塔頭のひとつ。









庭は重森三玲作で

“虹の苔寺”ともいわれえているそう。









ぐるりと回って

少し高いところからの全景。

高低差のある庭なので

建物の中からは見上げるように

眺めることになります。









どこからともなく

人がやってきているのは

口コミ人気なのでしょうか。

紅葉というほどでもなかったし

春のほうが人も少なく

桜もきれいだったし良かったかな。

でも東福寺近辺に比べたら

ゆっくりできる良いお庭です。







ちなみに、御朱印はない、とのこと。

そ、そうですか…。゚(T^T)゚。

でもこのお庭と静けさ

一度は味わってみてくださいね!







さて、気を取り直して

お茶付きで拝観できます

と書いてあった塔頭に

行ってみる事にします。

続きます♪