晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

水掛不動尊と御朱印帳 仁和寺






今回からは仁和寺妙心寺から

西陣エリアの洛陽観音めぐりをした

秋の一日を振り返ります。

まずは仁和寺から!








過去記事


第一回目その2 「旧御室御所」

第三回目「薬師如来」「御室弘法大師」

第四回目「勢至菩薩」









今回は御殿には入らず

まだいただいてなかった御朱印

水掛不動尊を目指して歩きます!








その前に、本堂にあたる金堂でお参り。

金堂前の納経所にて御朱印帳

預けてから向います。

広い境内なので参拝している間に

書いてくださいます。








金堂から左に曲がり

赤い鐘楼の横にこんな石碑があります。

この奥にお不動さんが祀られています。








こちらが近畿三十六不動の

十四番札所です!

といってもちょっと地味な。

鐘楼の方が目立っていますが

その奥にひっそりとあるんですね。

長い柄杓でお不動さんに

水とお願い事をかけて。

柄杓が長くてちょっと

掛けにくかったです(;^_^A








御朱印いただきました!








水掛不動尊の御朱印です。









ご詠歌もいただきました!








「わけのぼる 花のあらしの 梢より 
御室の山に 月ぞかがやく」

こちらはご本尊の阿弥陀さまの

ご詠歌だそうです。

仁和寺ご詠歌といえば

この歌が出てくるのですが

聞いたところ、歌の御朱印は

3種類もあるとか!

京都十三佛のご詠歌

ご詠歌ではないですが

光孝天皇の和歌のもの。

今回は阿弥陀さまのご詠歌だけにしました。

コンプリートしたと思ったのに!

でも次回への楽しみにとっておきます。








朱印帳もゲット!








この御朱印帳を求めての参拝も多いという

ピンクの布地に御室桜と五重塔

朱印帳1200円。

朱印帳だけなら通販も可能だそう。

あくまで御朱印帳だけで

御朱印は送って頂けません!
(参拝の証のため!)

ですが、なかなか足を運べない方

にとっては
嬉しいですね。







さて、次は限定拝観をしていた

妙心寺の塔頭寺院へ♪

続きます。