晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

天台声明の道場 勝林院




Hanakoの取材で大原に行った時

時間ができたので

プライベートでも御朱印めぐり♪

行ってみたかった勝林院へ。








三千院から徒歩3分くらい。

以前も前を通ってポツンと

お堂だけがあるな〜と

気になっていました。








承和2年(835)

慈覚大師円仁によって開かれた

天台声明の道場であった場所。

天台声明って…??









仏典(お経など)に節をつけた

儀式に用いる仏教音楽が声明。

日本での声明の発祥地

大原とされています。

最澄が中国より伝えた声明を

天台声明といい、

独自の展開をしていきました。








お堂の中に入ると

天台声明のテープが

流れていました。

独特の節(メロディー?)があって

お経というより音楽でした。








本堂には阿弥陀さんが。

正面から撮るのは

どうかなと思って脇から。

天井の高いお堂は

道場というのにふさわしく。

陽光眩しい季節でしたが

中はひんやりしていて

ゆっくりしようかなと思ったけど

何か雰囲気がそれを許さず。

阿弥陀さんのまわりは

ぐるりとしてきましたが

暗いしゾワゾワするしで

そそくさと後にしました。

何か、何かを感じる場所…。








見事な彫刻が見られる場所に

イスが置いておりました。

外側だったらゆっくりしてもいいかも。








御朱印いただきました!

受付にて御朱印帳を預けました。








むむ、大原問答って書いてある!

大原問答とは…

文治2年(1186)天台宗の顕真が

浄土宗祖の法然を招き

専修念仏について議論した

のが大原問答。

その舞台となった場所

だからだそうです。

ここならではの言葉!

読みにくいけど

勢いのある字もいいですね♪






さて、まだ時間があったので

ふらふらしていると

帰路にお寺を見つけました。

続きます♪