晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

風神雷神の御朱印帳 建仁寺



間が空いてしまいましたが…

八坂神社のあとは

カッコいい御朱印帳

求めて建仁寺へ!




歴史は前回の記事にて。








夏って感じの空。

夏にお寺巡りもいいものです。








2回目は写真を撮らない主義ですが

これは撮っとく!

法堂にいる双龍。






御朱印&御朱印帳いただきました!








念願の風神雷神!!

ケース、御朱印も付いて

1400円はおトクだと思います♪








前回は山号の「東山」でしたが

左上は「大本山」に変わってる。

拈華堂の字も違いますね〜。






右上の印「扶桑最初禅窟」とは

「日本最初の禅寺」という意味。

建仁寺の開基、栄西禅師は

京都で禅寺を開く前に

福岡で聖福寺を開きます。

ここが日本では最初の禅寺

ということになるので

そちらに後鳥羽上皇が書かれた

「扶桑最初禅窟」の

勅額があるそうです。

京都で最初の禅寺である建仁寺

「扶桑最初禅窟」なんですね。






さて次は今回の

御朱印めぐりのハイライト!

建仁寺の塔頭寺院へ。

続きます〜。