晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

特別拝観中の大徳寺本坊へ




GW中は特別拝観をしている

ところがたくさんあり

どこに行こうか、行くべきか?

いろいろ迷った結果

5月6日まで開催していた

春期非公開文化財特別公開の

大徳寺本坊へ行きました。








一度入ったことがあるのですが

中は撮影禁止です。

歴史は前回の記事を参考に。








これが本坊の入口。

各箇所で説明してくださいます。

大徳寺には個性豊かな塔頭寺院が

たくさんあるので

それと比べると本坊といわれても

ちょっと普通すぎる??

狩野探幽による襖絵が

一番の見所かな。

方丈のほか、法堂の天井にある

龍の絵なども見られますが

法堂内には入れません。








御朱印いただきました!








前回はいただいてなかったので

今回が初めてです。

直筆ですが書き置きでした。

通常は公開されていないので

公開されている時はいつも書き置き

ということなのでしょう。






中心に書かれている

「本朝無双禅苑」とは

大徳寺を保護した後醍醐天皇から

「本朝無双の禅苑」という

宸翰(しんかん。天皇直筆の文書)を

授与されたことにちなんでいます。

他の宗派と交えずに

隆盛していくことを願っている

というような意味らしいです。

朱印の篆書が読めないのですが…

誰か読める人、教えて(>_<)






さて次は御朱印的に行ってみたい

塔頭寺院に行ってみます。