晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

京都発の地コスメ・ANBAN





祇園祭で盛り上がってる京都ですが

ワタクシはデパートやショッピングモールを

ぐるぐる歩き回る日々。

歩けって言われても

この暑さでは外は無理…。

お天気も微妙だしな…。






一応、美容ライターしてますので

美容の情報もたまには。

ずいぶん前に頂いたのですが

京都で開発されたコスメANBAN




クレンジングオイルと石鹸、

クリームのラインナップ。

京都人である姉妹が開発されました。

ショップはなんと、西院にあるそう!

西院、なんとマニアックな…(;^_^A









こだわりは「シンプル」であること。

植物性オイルと植物エキス入りの

肌に優しいオイルです。









注目はこのパッケージ!

どこかで見たことありません??

そう、御朱印でよく書かれている

梵字がデザインされています!

二文字で「アン」「バン」と読みます。









洗顔ソープ。

冬に使っていたのでつっぱりやすかったのと

漢方のニオイがやや気になる感じですが。

泡は柔らかでキュッとよく落ちます。








保湿クリーム。

ローションなくてこれだけ??

って少し心配でしたが。

ホルモンの影響を受けて

肌状態がすこぶる悪い時に使ったので

肌のひりつきなどはおさまり

漢方の力ってのも感じました。









こちらにも梵字デザイン。

ただし、保湿がクリームだけってのは

湿度の高い京都ではちょうどいいけど

カラカラに乾く関東の冬ではどうなんだろう?

と思うワケです。

日本製というより「京都製」と

主張するコスメなので

京都好きな人にもアピールしたいのだろうけど。

京都の人だけにぴったりでも

それでは販路が狭くなってしまうがな?

って思ったりしたけど、どうなんだろう。

そのうちローションもできてたりして!




京都の地コスメといえば

お土産感漂うものしかなくて

普段使いにはしないかな〜

という感じでしたが

そういう意味では地コスメでありながら

お土産だけでは終わらない

品質の良さもあるなーと思いました。




ちなみに、店舗のほか

ホームページで買えるそうです。

今、見たらパックが新発売されてました。

これからアイテムも増えそうで

注目の京都コスメになりそうですо(ж>▽<)y ☆