晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

石庭も見過ぎると感動薄れ気味…龍安寺







そういえばまだ御朱印を

もらっていない世界遺産龍安寺

修学旅行生うじゃうじゃの中

行ってきました。









歴史については前回の記事にて。

前回は週末だったので

混んでるだろうと思ってたけど

今回は平日の午前中だったけど

やっぱりすごい人で…(-。−;)

隣りの修学旅行生の

引率の先生の話に耳を傾けつつ(^▽^;)

お庭をさらっと見学。

桜が少しだけ残ってました。









どこから見ても15個の石を

すべて見ることはできない

という不思議さは

学生の胸にササるものなのでしょうかね?

理解するには若すぎる

なんて、前回書きましたけど

やっぱりまだまだだなあ、と

自分の未熟さを感じるのみでした(^▽^;)









水戸光圀公が寄進したというつくばい。

これをデザインした

朱印帳がありました。









石庭のミニチュア。

これ見るとなぜ15個全部見えないか

わかるような気がする?










御朱印いただきました!









どーんと石庭メインです。

かくかくした特徴のある字。

ネットで見ると石の口部分が

滑らかなものが多かった気がする。

男っぽい字な気がしますが

女性に書いていただきました。










あまり知られていませんが

庭園には桜苑がありました。

枝垂れ桜が少し残っていました。










八重桜も。

数は少ないようですが

石庭に比べたら

全然人がいなかったので

花見の穴場なのかもしれませんね。








朝からわらび餅食べたくなって。

お寺の茶店にて。

最近、甘いものが欠かせません(;^_^A







さて、次もまだ御朱印もらってなかった