晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

マチナカ御朱印巡り 六角堂編




街中にあるから何度も通り過ぎているけど


ちゃんと見たことないな〜


というお寺さんや神社さんを


巡って行きたいと思います。




今回は頂法寺(六角堂)です。



♪あね、さん、ろっかく、たこ、にしき♪


六角通にあります。


この通り名の歌、便利ですね。


最初に覚えたおかげで、すごく役立っています。







創建は平安遷都より以前、聖徳太子によるそう。


伝承では、太子が四天王寺建立のために


用材を求めてこの地に来られたとき、


池で沐浴するために持仏を木に立てかけたところ


重くなって動かなくなってしまったという。


観音様がこの地にとどまりたいと夢で希望されたので、


近くにあった木を伐採して六角堂を建てたという。







こちら本堂。


創建については伝承だし


嘘か誠かって感じだけど


この辺りにお堂を作れるような大木が


自生していたってことが驚きだったりします。







いまや、こんなビルに囲まれた都会というのに!


ちなみに、お堂の向こうに建つビルから見ると


六角形なのがよくわかるそうです。


ビル1階にあるスタバからの眺めも素敵!







境内を歩いてみます。


聖徳太子が沐浴したとされる池の中に


ニコニコ顔の十六羅漢さまが!


いつも優しい顔つきで穏やかに話すよう


心がければ、必ず良い報いがあるという。







このお顔見ただけで幸せ気分(///∇//)


ワタクシも心がけたいと思いマス!







こんなお地蔵さん発見。


「ひと言願い地蔵」は


欲張らずにひとつだけ願えば叶うという。


首を傾けているのは、参拝者の願いを


叶えようかどうしようか考えている姿だって!


か、可愛い!!







観音像?







親鸞上人の銅像があったり。


親鸞は29歳の時、毎夜比叡山を降りて


百日間参籠(仏様に祈ること)されました。


夢で如意輪観音より「法然のもとへ行け」と。


その後、ここから法然のもとへ通い、


2度目の如意輪観音のお告げにより


浄土真宗を開祖されたという。


その縁でお堂と銅像が建てられています。







境内奥には神社が!


神仏分離前からあったのでしょうか?


六角堂のHPでは全くふれてなかったけど。




他に、聖徳太子2歳の像がある太子堂


かつて京都の中心だったため置かれたへそ石など。


小さい境内ながら、いろいろとありました。





御朱印はコチラ。


ご本尊は如意輪観音ですが


六角堂と書かれています。


正式なお寺の名前「頂法寺


朱印はもちろん六角型!







西国三十三箇所の十八番札所であり、


洛陽三十三箇所の一番札所なので


専用の御朱印帳が置かれていました。


帳面デザインは普通〜って感じかな。


でも、御朱印帳入れの袋が6〜7種類あり、


可愛いものもありました!




ちなみに後ろに写っている柳の木、


嵯峨天皇がお妃と出会った場所とされ、


縁結びの柳として有名らしいです。


どうりでたくさんのおみくじが結んであるわけですね!


知らなかったけど、ちゃんと見とけばよかったな〜。





近辺のグルメ情報!



四条烏丸バルにて気になってた!-foods


三条新町上ルにあります。


この暖簾、気になりますね。






デリ4種のランチ 800円。


スープは飲み放題でした。


カップが可愛い!





うっかり卵系のものばかり選んでしまった(;^ω^A


右からベーコンとマッシュルームのタルト、


タンドリーチキンのタルト、


スパニッシュオムレツとごぼうのマスタード和え。


他にも食べてみたいものがあって迷いました。




オーガニッククッキーやハーブティも売っていて


ハーブティを買ってみましたが


爽やかな酸味とほのかな甘さで美味しかったデス。




ドリンクも充実していたので


ちょい飲みに行ってもいいかもな〜♪