晴れときどき御朱印      from yumimi*

『かわいい京都 御朱印ブック』『京都の隠れた御朱印ブック』著者、御朱印オトメ部主宰の西村由美子(yumimi*)のブログ。京都のほか近畿地方を中心に巡った寺社の歴史や御朱印の情報を不定期にお届けします♪

丹波ワイナリー





京都駅から山陰本線快速で30分ちょっと、

バスに乗り換えて30分のところにある「丹波ワイナリー」。



京都にもワインをつくってるところがあるんだ!

とわくわくしながら行ってきました(≧▽≦)♪♪





まず畑。

ん、これだけ??

森の向こう側にもあるそうですが…



山梨の広大な畑を思い出すと

とってもこじんまり。



でもその中にヨーロッパ系品種から

やまぶどう系、独自のものまで。

ピノノワールまで造っているとは驚き\(゜□゜)/!



ビニールをかぶせているのはヨーロッパ品種。

日本の長雨に耐えるためだそう。

やはり、日本の気候でぶどうを

作っていくのは難しいんですね。。。






工場見学のあとは、

お楽しみの試飲タイムо(ж>▽<)y ☆



右からソービニヨン・ブラン2011

NZ産のハービエンスさはないけどスッキリ味、夏向き!!



酵母が沈殿しているにごり系。やや甘。


ケヴェルツトラミナー 2000

ドイツ品種。熟成感があってあま〜い。


カベルネソーヴィニヨン&メルロー 2008

一番気になっていた、樽熟成タイプ。

んー、でもやっぱり日本のワインは早飲みタイプなのかな、

南仏や南イタリアの“太陽いっぱい浴びたよ!”

って感じは、味に出てないような…。

でも丹波ワイナリーの中では一番重いタイプ。


マスカットベリーA

かるーいタイプ。ま、ジュースですな。。。


梅ワイン

飲みやすい梅ジュース。

注意:アルコールは入っております。。。


ちなみに、普通の試飲はココまで。

私たちは「ピノ・ノワール」ってないんですか〜?

と聞いてみたら!

もう売り切れちゃったけど

レストランにあったから一杯だけね!

って飲ませてもらっちゃったv(^-^)v

すごく華やかでまろやか〜!

買えないのは残念だけど

出して頂き、ありがとうございました♡



さて、丹波ワイナリーにはレストランとカフェがあります。

畑を見ながらカジュアルに食べられるカフェへ♪



ピノ・ブラン 2010

メニューは2011となっていましたが売り切れのため、

樽熟成させた2010を頂きました。

熟成感よりさっぱり飲める感じ。






丹波クラーレット。

カベメルの熟成タイプというと2008と同じ。

でもすごいお買い得!!

熟成期間が違うけれども

こっちのほうが好みかも〜(^ε^)♪







ピノ・ブランの2009があるっていうから

あれこれ注文していたら

注文していない2008も出てきました〜ラッキー(^ε^)

左が2009、右が2008。

2009は白ワインって感じだけど

2008はシェリー?って思うような色、香り。

採れた年でこんなにも違うんだな〜

ワインって面白い:*:・( ̄∀ ̄)・:*:





食後はショップをぶらり。

買い物してほろ酔いのままバスへ。




帰宅後の夕食は



ローストビーフ!

切っただけ。。




鶏肉のソーセージ。

かぼちゃ、しめじ、唐辛子、紫芋、アスパラ入り。

クレヨンみたいでカラフル♪




最近、お気に入りの前菜、トマトじゃこ乗せ。

トマト切ってじゃこ、ネギ乗せるだけ。

シソを乗せても香りよく仕上がります♪

ソービニヨン・ブランが合う♪♪






カベメル2008が気になっていたけど

結局、クラーレットをお買い上げ〜o(^▽^)o

重さはあるけれど、料理と合わせやすい!

この味で1340円はお買い得だな〜(*^ー^)ノ



丹波ワイナリーは

山梨ほど畑が広くないので

ほとんどが限定醸造

すぐになくなってしまう“プレミア感”、

あったらラッキー♪という“一期一会な出逢い”

が魅力なワイナリーですねっo(^▽^)o